プロレスレビューログ

プロレス見たり、書いたり。

MENU

デヴィット・スターvsトラヴィス・バンクス(PROGRESS 2018/11/26)

デヴィット・スターvsトラヴィス・バンクス(PROGRESS 2018/11/26)

前回大会のスターvsイリア戦に突如として乱入し、好勝負を壊したトラヴィス。
その因縁で組まれたカードですね。遺恨があるので乱戦スタート。スター、トラヴィス共に
小気味のいいチョップ合戦を繰り広げます。椅子へのフロントスープレックスというハードな場面もありましたね。
そしてこの試合特に目立ったのがスターの感情表現。ベビーフェイスとしてカッコよく、
凛とした働きをしています。RPWではヒールなので、個人的にはフェイスのスターのほうが好きですね。
アンダードッグ要素がなくてもこれだけのアクションを起こせるのですから。一方のトラヴィスは
コスチュームを変えた以外大きな変化はありません。ただ見た限り変に考えすぎず、目の前の相手に全力でぶつかる
いい時のトラヴィスに戻っている。欠場前はヒール的な動きに苦慮していましたからね。勿論大悪党という
ポジションは変わりないのですが、ヒールであっても小細工をせず真っ向勝負でぶつかれるのも
大事だと思うのです。予想を超えた内容に仕上げてきましたね。

4.0