プロレスレビューログ

プロレス見たり、書いたり。

MENU

芦野祥太郎vsペガソ・イルミナル(W-1 2018/10/24)

芦野祥太郎vsペガソ・イルミナル(W-1 2018/10/24)

序盤は軽快な動きを見せていた新鋭・ペガソでしたが、スワンダイブの技に行く際、
セカンドロープから直接床に転落。受身を取り損ねます。後で分かった話ですが
この時に脳震盪を起こしていたようですね。こうなってくると持ち味のハイフライが
リアルに使えなくなってきます。芦野もそれを察知したのか打っても響かないペガソに
ジャイアントスイングを仕掛けるなど、ある意味受けを必要としない攻めを見せます。
しかしそれも限界がありますね。完全なグロッギー状態に陥ったペガソには
決められた段取りをこなすのが精一杯で、攻防にまで手が回らなくなってしまっています。
最後も切り捨てフィニッシュはやむなしかと思ってしまう。ただ誤解しないで欲しいのは
プロレスのリングでは皆命を削って、身体を張って闘っているという事。誰が悪いとか
そういうことではありません。

2.5