プロレスレビューログ

プロレス見たり、書いたり。

MENU

カイル・オライリー&ロデリック・ストロングvsトレント・セブン&タイラー・ベイト(WWE NXT 458 2018/7/11)

カイル・オライリー&ロデリック・ストロングvsトレント・セブン&タイラー・ベイト(WWE NXT 458 2018/7/11)

ゴング後いきなりの乱戦模様。UE側はやはりこういう試合展開に強いですね。
その中でセブンの膝を鉄階段で破壊。孤立に繋げます。フィッシュの怪我で
ロデリックと組んでいるオライリーですが、レッドラゴン時にはなかった
偏執的に相手を追い詰める様子が加わり、一皮剥けましたね。ロディもベテランなので
こういうシチュエーションはお手の物。セブンも中々の受けを見せて膝のダメージの深刻さを強調。
そこからベイトの爆発力へと繋げていきます。その間コーナーでメディカルチェックを受ける
セブンの様子を映し出すカメラマン。こういう一手間が大事ですね。
あくまでセブン狙いのUEは再度交代した所を見計らって膝を一点集中。
クライマックスはベイトがタオルを投げるか、投げないかという一点に絞ってきます。
難しい展開でしたがMMが完璧にその役割を担えており、感嘆しました。

4.0