プロレスレビューログ

プロレス見たり、書いたり。

MENU

トラヴィス・バンクスvsクリス・ブルックス(PROGRESS Chapter 61 2018/1/14)

ラヴィス・バンクスvsクリス・ブルックス(PROGRESS Chapter 61 2018/1/14)

運命の同門対決はブルックスのトペコンにトラヴィスの連発トペとハイスピードなやりとりから。 ブルックスがエプロンの幕や場外での環境攻撃で流れを掴む、という展開ですね。 ハイフライヤーに見られがちなブルックスですが意外と一本筋の通った攻め口で受け手を唸らせます。 ただトラヴィスの真っ向ファイトとはややリンクしていない感もありか。 それでもエプロンでのスライスオブヘヴン、さらにはトラヴィスが卍、ブルックスがライオンズクラッチと 掟破りも出しながらテンションをキープ。しかしレフェリー気絶後の一連はちょっと蛇足感が強いですね。 とはいえストーリー的に見た場合、トラヴィスを淡々と勝たせ続けるのも問題なので止む無しかなと。

3.5