プロレスレビューログ

プロレス見たり、書いたり。

MENU

竹下幸之介vs黒潮”イケメン”二郎(DDT 2018/1/5)

竹下幸之介vs黒潮"イケメン"二郎(DDT 2018/1/5)

観客に対して働きかけを好むイケメンとあまり意識をしない竹下。 その対比が試合の中で声援量という形になって現れてきていますね。 何故最初にセルフアピールの話をしたかというと、 イケメンのファイトスタイルの話に直結してくるからなんですね。 私の感覚ではイケメンは点を作る能力は優れていますが、点と点を結ぶ能力に やや欠ける選手だと思っています。しかしその線は観客の見方によって知らず知らずに形作られている、 そういうレスラーではないかという印象がしているのです。 この試合の中でも一点集中という意識は常に持っているように見受けられましたし、 思いもかけない形で竹下の牙城を崩さんとする攻めを見せます。 竹下はその分受けに回る場面が多かったですが、王者らしい芯の通った立ち居振る舞いで感心しました。 若干水で薄めているような感覚は否めないものの普通にシングル初対決でこれだけ出来れば文句なし。

4.0