プロレスレビューログ

プロレス見たり、書いたり。

MENU

ダーティー・ヒールズvsザ・ウルブス[第5戦](TNA Impact Wrestling 2015/7/1)

ダーティー・ヒールズvsザ・ウルブス[第5戦](TNA Impact Wrestling 2015/7/1)

形式は30ミニッツ・アイアンマン・マッチ。タッグ戦とのかみ合わせがいいかどうか見ていましたが…。 序盤はどちらも決めさせない形。この展開が結構続き7分までもつれます。 7分経過後、エドワーズの孤立、リチャーズの孤立と二連で続けます。 三連続けるとくどくなりますからね。二連が適切だと思います。 ただリチャーズ孤立時にCMカットが5分程度あったのが気になりましたね。 先にフォールを奪ったのはヒールズ。ここは卑怯な手で獲得しても面白かったかと。 確かにこの4戦中の2勝はチープなものでしたが、ここでのそれとは意味合いが違います。 そしてウルブスが合体技、丸め込みで二本連取。最後はルードのクロスフェイスをかけているところで終了です。 絵作り的には残り30秒ぐらいでクロスフェイスを持ち込んでもよかったかもしれませんね。 素晴らしい試合だが、同時にアイアンマンマッチの形式を最大限活かしきった試合とはいえず。 クオリティの源泉が試合時間に起因しているのは若干ネガティブですけどね。 長時間マッチをみたいならROHを見ればいいわけでして…。

3.5