プロレスレビューログ

プロレスを見て思いの丈を綴るブログ。

MENU

他地域のプロレス

スコッティ・デイビスvs成田蓮(OTT 2019/11/30)

スコッティ・デイビスvs成田蓮(OTT 2019/11/30)ヤングライオン杯で優勝できず、海外武者修行中の成田。NL王座戦が組まれるとは期待されていますね。 お互いに近しいものを感じているのか序盤は密なレスリング。成田の道場仕込みの堅実なレスリングに対し …

エマーン・ザ・キッドvsロビー・イーグルス(MCW 2019/11/9)

エマーン・ザ・キッドvsロビー・イーグルス(MCW 2019/11/9)初見のエマーン・ザ・キッド。身体がまだ出来ていないのは若手にありがちなことなので目をつぶるとして、 ロビーの俊敏な動きにもついていけていますね。MCW2戦目でこのカードが組まれたという事…

デヴィッド・スターvsThe OJMO(PROGRESS 2019/10/27)

デヴィッド・スターvsThe OJMO(PROGRESS 2019/10/27)王者デニスへの第一挑戦者決定試合です。 序盤のスターらしいねちっこいレスリングにOJMOはよく反応できていますね。 互角、とは言わないまでもこの若さでスターの領域に少しでも入り込める余地を見せれ…

アルテミス・スペンサーvsエディ・オズボーンvsエル・ファンタズモvsレイ・ホラス(ECCW 2019/1/12)

アルテミス・スペンサーvsエディ・オズボーンvsエル・ファンタズモvsレイ・ホラス(ECCW 2019/1/12)カナダの団体ECCWから。中々興味を惹かれる面子が揃っていますね。 試合としては巨漢のオズボーンとその他3人という色分けをして、試合を進めていく形。 一…

ジョーダン・デヴリンvsデヴィッド・スター(OTT 2019/10/26)

ジョーダン・デヴリンvsデヴィッド・スター(OTT 2019/10/26)元々はスターがデヴリンを裏切った所から始まったこの抗争ですが、いつしかメジャーvsインディーの 構図を背負う壮大な闘いになってきましたね。アメリカ人でありながらWWEを憎みヨーロッパでの…

スコッティ・デイビスvsLJクリアリー(OTT 2019/10/26)

スコッティ・デイビスvsLJクリアリー(OTT 2019/10/26)天井からぶら下がったベルトを取る正調のラダーマッチです。 まずこの試合で評価すべきポイントはテーブルやイスを使わず梯子のみで戦い抜いたという事。 最近は物量勝負のラダーマッチが多くなりまし…

テリー・サッチャーvsティモシー・サッチャー(OTT 2019/9/29)

テリー・サッチャーvsティモシー・サッチャー(OTT 2019/9/29) 新旧サッチャー対決。序盤はティモシーが相手に簡単に与しないレスリングを発揮。圧倒的な体格差、技量の差があるのでそこを前面に押し出していっていますね。一方のテリー。タイプ的にはダー…

マイク・ベイリーvsスコッティ・デイビス(OTT 2019/1/20)

マイク・ベイリーvsスコッティ・デイビス(OTT 2019/1/20) スコッティは凄まじい速度で成長していますね。ベイリーと対等に渡り合っていることに何ら違和感を覚えさせません。また見栄の切り方もオスプレイ的で、非常にポイントを掴んでいる。そして得意の…

モア・ザン・ハイプvsラスカルズ(FCP 2019/8/23)

モア・ザン・ハイプvsラスカルズ(FCP 2019/8/23) UKマットで台頭中の若手トリオ、モア・ザン・ハイプ。今回はラスカルズと対戦です。試合としては技を繋げていく形に陥っているのは仕方ないとして、常に技のアクセルをベタ踏みしすぎなのが両チームとも気…

Aキッドvsセンザ・ボルト(GWF 2019/5/4)

Aキッドvsセンザ・ボルト(GWF 2019/5/4) イタリア語で「顔無し」の意味を持つセンザ・ボルト。初めて見ますがまず堂々とした佇まいが印象に残ります。キャリア5年とは思えない風格。また、独特な影を纏っている感じが良いですね。マスクマンは神性を増幅さ…

ブラット・パックvsセックスロックvsルース・アンド・レックレス(MCW 2019/1/12)

ブラット・パック(ミッチ・ウォーターマン&ニック・バリー)vsセックスロック(エリオット・セクストン&ジョナ・ロック)vsルース・アンド・レックレス(アダム・ブルックス&ダーウィー・ジェームス)(MCW 2019/1/12) 王者組のBPは小悪党ヒール。場を…

デヴィット・スターvsウォルター(WXW 2019/3/8)

デヴィット・スターvsウォルター(WXW 2019/3/8) 世界各地で戦っているもののウォルターに負け続きのスター、というのが背景としてあります。ということでクリーンには始めずスターの急襲で開始。場外へのトペを失敗させるという中々のインパクトを挟んでウ…

ウォルターvsジョーダン・デヴリン(OTT 2019/3/16)

ウォルターvsジョーダン・デヴリン(OTT 2019/3/16) プロモに則って拳で速攻を狙うデヴリンですがウォルターの強大な力の前に劣勢模様。手攻めという定石からは敢えて外した展開へと持ち込みます。最強の外敵であるウォルターはアイルランドの国旗をデヴリ…

カルム・ブラックvsデヴィッド・スター(OTT 2019/8/25)

カルム・ブラックvsデヴィッド・スター(OTT 2019/8/25) スターが序盤からレスリングでカルムを封じにかかります。スターらしい理想の倒錯ヒール像を見つけましたね。あまり軽すぎる印象はなく、かといって重すぎる印象もない。ヒールとして同調されること…

カラ・ノワールvsスコッティ・デイビス(OTT 2019/8/25)

カラ・ノワールvsスコッティ・デイビス(OTT 2019/8/25) 特徴的なフェイス・ペイントに素足と、まるで映画ブラック・スワンの登場人物のようなノワール。入場から観衆を魅了します。格闘技の心得があるようで、打撃とサブミッションを基調とした試合運びに…

ジョーダン・デヴリンvsトラヴィス・バンクス(PROGRESS 2019/8/8)

ジョーダン・デヴリンvsトラヴィス・バンクス(PROGRESS 2019/8/8) NXTUKで因縁のある二人なのである程度のクオリティは保証されていると思ってはいましたが、それにしても凄い。序盤の丸め込み合いからもうキレキレ。コーナー落下からトラヴィスの支配につ…

ジェフ・コブvsTJPvsトレイ・ミゲル(A1 2019/6/30)

ジェフ・コブvsTJPvsトレイ・ミゲル(A1 2019/6/30) カナダの団体、Alpha-1 Wrestlingから。中々ユニークな3ウェイが組まれましたね。TJPとミゲルは軽量級として意識し合い、そこにコブが重量級としての重み、激しさを加えていく形。そのムーブは相手がミゲ…

デヴィッド・スターvsマーク・ハスキンスvsネイサン・クルーズ(Defiant Loaded 22 2019/4/27)

デヴィッド・スターvsマーク・ハスキンスvsネイサン・クルーズ(Defiant Loaded 22 2019/4/27) テクニシャンのスター、ハスキンスがいれば3ウェイという形式でも問題ありませんね。切れ味鋭い技を小気味のいいリズムで繰り出し、スリリングな三つ巴戦を演出…

PACvsロビーX(Defiant Loaded 13 2019/2/16)

PACvsロビーX(Defiant Loaded 13 2019/2/16) ロビーXは初めて見ますが、あまりグッドシェイプとはいえない体つき。しかし、試合が始まると見た目とは裏腹に小気味よい動きで沸かせます。こういうタイプはあまりいないので自らの存在感を高めていければもっ…

ボビー・ガンズvsイリア・ドラグノフvsマリウス・アルアーニ(WXW 2019/5/11)

ボビー・ガンズvsイリア・ドラグノフvsマリウス・アルアーニ(WXW 2019/5/11) True ColorsのメインイベントはWXW純血の三つ巴戦。3ウェイらしく序盤からフィールドを広く使うスリリングな展開に仕上げてきます。中でもイリアのカリスマ性は出色ですね。ハー…

マーク・デイビスvsダン・モロニーvsPACvsウィル・オスプレイ(FCP 2019/4/21)

マーク・デイビスvsダン・モロニーvsPACvsウィル・オスプレイ(FCP 2019/4/21) DTTI最終日に組まれた豪華4ウェイFCP王座戦。当然の如くPACとオスプレイは意識しあいます。意識するだけでなく、しっかりとマッチアップしてくれたのが嬉しいですね。とはいえ…

クリス・リッジウェイvsカイル・オライリー(PROGRESS 2019/5/4)

クリス・リッジウェイvsカイル・オライリー(PROGRESS 2019/5/4) スタイルの似通っている両者。自らの土俵に引きずり込もうとする所作、動作で魅了します。オライリーはNXTではタッグでの活動が多いので心配していましたが、コンセプト通りのサブミッション…

カイル・フレッチャーvsPAC(FCP 2019/4/20)

カイル・フレッチャーvsPAC(FCP 2019/4/20) シャーデンフロイデとREDというヒールユニットに属している二人。序盤は髪を掴んだり、爪先を踏んだりとらしさを見せつつも期待感を煽っていきます。場外でのブレーンバスターで流れを引き寄せたPAC。WWE退団後…

バッド・ボーンズvsミル・ムエルテス(WrestleGate 2019/1/26)

バッド・ボーンズvsミル・ムエルテス(WrestleGate 2019/1/26) イギリスの新興団体WrestleGateProより旗揚げ戦の1試合を。独墨ブロウラー対決という塩梅ですが、国境差もあるのでまずは定型からスタート。徐々に乱戦へとシフトしていくわけですが、やはりボ…

オージー・オープンvsワークホースメン(WXW 2019/4/4)

オージー・オープンvsワークホースメン(WXW 2019/4/4) ワークホースメンは打撃のヘンリーと巨漢のドレイクという凸凹タッグ。ただちょっと粗削りな点が目立ちますね。連携をして、相手の一方を孤立させて、と戦略面では間違いのない動きをしていますが、若…

アンヘリコ&エル・ファンタズモ&ジョーダン・デヴリンvsサウス・パシフィック・パワー・トリップ(PROGRESS 2019/3/10)

アンヘリコ&エル・ファンタズモ&ジョーダン・デヴリンvsサウス・パシフィック・パワー・トリップ(PROGRESS 2019/3/10) 新戦力・ニワを加えて再始動したSPPTですが、とにかくトリオとしての精度に問題あり。CCKやBSSを見慣れているせいかもしれませんが、…

里村明衣子vsマーク・デイビス(FCP 2019/3/15)

里村明衣子vsマーク・デイビス(FCP 2019/3/15) 里村の芯の強さとデイビスのパワフルさ。これが絶妙にマッチしていますね。FCPでは往々にして魅力を最大限発揮できなかった里村ですが、この試合は違います。ロングマッチにありがちな停滞感を入場口での流血…

シャーデンフロイデvsフェニックス&ペンタゴンJr&レイ・ホラス(WXW 2019/3/10)

シャーデンフロイデvsフェニックス&ペンタゴンJr&レイ・ホラス(WXW 2019/3/10) FCPで生まれた極悪集団シャーデンフロイデがついにWXWに登場。ルチャトリオと対戦です。ノータッチルールなのでマスクマン3人の良さを抽出していく形。SFもやられ芸には定評…

フェニックスvsウォルター(WXW 2019/3/9)

フェニックスvsウォルター(WXW 2019/3/9) フェニックスの鮮やかなハイ・フライにさしもののウォルターも戸惑うという導入部。そこからウォルターがマスクを破いて一気に没入感を高めていきます。LUのフェニックスvsムエルテスを思い起こさせますね。怪物vs…

ティモシー・サッチャーvs石川雄規(WXW 2019/3/9)

ティモシー・サッチャーvs石川雄規(WXW 2019/3/9) WXWが定期的に開催するグラップル系トーナメント、アンビション。その特別試合という位置づけでこの試合が組まれました。大会のコンセプト通りレスリング、サブミッションの応酬が存分に堪能できます。こ…