プロレスレビューログ

プロレスを見て思いの丈を綴るブログ。

MENU

PACvsロビーX(Defiant Loaded 13 2019/2/16)

PACvsロビーX(Defiant Loaded 13 2019/2/16) ロビーXは初めて見ますが、あまりグッドシェイプとはいえない体つき。しかし、試合が始まると見た目とは裏腹に小気味よい動きで沸かせます。こういうタイプはあまりいないので自らの存在感を高めていければもっ…

マイロン・リードvsTJパーキンス(AAW 2019/5/11)

マイロン・リードvsTJパーキンス(AAW 2019/5/11) WWE退団後、様々な団体に登場しているTJP。AAWにも参戦する運びとなりました。別に力が落ちて退団したわけではないので、レスリング・スキル含め大物然とした対応で対峙します。一方のマイロンもARフォック…

ボビー・ガンズvsイリア・ドラグノフvsマリウス・アルアーニ(WXW 2019/5/11)

ボビー・ガンズvsイリア・ドラグノフvsマリウス・アルアーニ(WXW 2019/5/11) True ColorsのメインイベントはWXW純血の三つ巴戦。3ウェイらしく序盤からフィールドを広く使うスリリングな展開に仕上げてきます。中でもイリアのカリスマ性は出色ですね。ハー…

マーク・デイビスvsダン・モロニーvsPACvsウィル・オスプレイ(FCP 2019/4/21)

マーク・デイビスvsダン・モロニーvsPACvsウィル・オスプレイ(FCP 2019/4/21) DTTI最終日に組まれた豪華4ウェイFCP王座戦。当然の如くPACとオスプレイは意識しあいます。意識するだけでなく、しっかりとマッチアップしてくれたのが嬉しいですね。とはいえ…

フィン・ベイラーvsアンドラデ(WWE 2019/6/7)

フィン・ベイラーvsアンドラデ(WWE 2019/6/7) 澱みのない一進一退。ベイラーはデーモン・ギミックの獰猛性を、アンドラデはルチャドールとしての華麗さを身につけてあたっています。その意識が細部にまで行き渡っているのも好印象。この安定感を見ると5番…

クリス・ディキンソンvsエリック・スティーブンス(Beyond 2019/5/22)

クリス・ディキンソンvsエリック・スティーブンス(Beyond 2019/5/22) ROH、FIPで活躍しロデリック・ストロングらと名勝負を繰り広げたスティーブンス。そんな彼が実に9年ぶりのカムバック。9年ですので容貌もタトゥーが増えたりとかなり変わっている。その…

イーライ・アイソムvsPJブラックvsルーシュvsトレイシー・ウィリアムス(ROH 2019/5/10)

イーライ・アイソムvsPJブラックvsルーシュvsトレイシー・ウィリアムス(ROH 2019/5/10) cagematchには4コーナーサバイバルとの記載がありますがただの4ウェイですね。それを差し引いて試合を見ていくとダイブ数、見た目上の派手な展開に終始している部分が…

トム・ローラーvsロウ・キー(MLW Intimidation Games 2019/3/2)

トム・ローラーvsロウ・キー(MLW Intimidation Games 2019/3/2) 前回特番での衝撃の王座交代劇を踏まえ組まれた金網戦となっています。ケージ・マッチが持つ抗争決着戦という意味合いを上手く付与できていますね。ロウ・キーはキャリアを経てこういう形式…

クリス・リッジウェイvsカイル・オライリー(PROGRESS 2019/5/4)

クリス・リッジウェイvsカイル・オライリー(PROGRESS 2019/5/4) スタイルの似通っている両者。自らの土俵に引きずり込もうとする所作、動作で魅了します。オライリーはNXTではタッグでの活動が多いので心配していましたが、コンセプト通りのサブミッション…

カイル・フレッチャーvsPAC(FCP 2019/4/20)

カイル・フレッチャーvsPAC(FCP 2019/4/20) シャーデンフロイデとREDというヒールユニットに属している二人。序盤は髪を掴んだり、爪先を踏んだりとらしさを見せつつも期待感を煽っていきます。場外でのブレーンバスターで流れを引き寄せたPAC。WWE退団後…

デヴィット・スターvsジョン・シルバー(CZW 2019/4/13)

デヴィット・スターvsジョン・シルバー(CZW 2019/4/13) 既に二試合戦っている両者ですが、ショートカットはせず実のあるレスリングを展開。スターの細かい抵抗がいいですね。シルバーをじっくり見るのは初めてなのですが、もっと売れてもいいのに、と感じ…

関本大介&岡林裕二vsジェイク・リー&崔領二(全日本 2019/2/24)

関本大介&岡林裕二vsジェイク・リー&崔領二(全日本 2019/2/24) 崔は全日本ではありませんが、実質vs大日本の対抗戦的な扱いですね。関本岡林という鉄板のマッスルコンビはまさしく求められている働き通り筋肉の砦を形成しSweeperに聳え立ちます。連携と…

アルテミス・スペンサーvsザッカリー・ウェンツ(PCW ULTRA 2019/3/29)

アルテミス・スペンサーvsザッカリー・ウェンツ(PCW ULTRA 2019/3/29) 演舞要素強めの序盤からしっかりと典型に落とし込んでいきます。ウェンツはラスカルズ内においてシングルでは実績のあるほうですからね。ラストチャンスリー等、テンションをキープさ…

バッド・ボーンズvsミル・ムエルテス(WrestleGate 2019/1/26)

バッド・ボーンズvsミル・ムエルテス(WrestleGate 2019/1/26) イギリスの新興団体WrestleGateProより旗揚げ戦の1試合を。独墨ブロウラー対決という塩梅ですが、国境差もあるのでまずは定型からスタート。徐々に乱戦へとシフトしていくわけですが、やはりボ…

オージー・オープンvsワークホースメン(WXW 2019/4/4)

オージー・オープンvsワークホースメン(WXW 2019/4/4) ワークホースメンは打撃のヘンリーと巨漢のドレイクという凸凹タッグ。ただちょっと粗削りな点が目立ちますね。連携をして、相手の一方を孤立させて、と戦略面では間違いのない動きをしていますが、若…

アーレスvsフラミータvsロビー・イーグルス(WrestleCon 2019/4/4)

アーレスvsフラミータvsロビー・イーグルス(WrestleCon 2019/4/4) カードの目論見通りハイ・フライと複数人ムーブを基調とした展開に。1vs1vs1ながら、要所では組んだり離れたりという要素も適切に織り込めている。アーレスは初めて見ましたが、いい感じに…

アンヘリコ&エル・ファンタズモ&ジョーダン・デヴリンvsサウス・パシフィック・パワー・トリップ(PROGRESS 2019/3/10)

アンヘリコ&エル・ファンタズモ&ジョーダン・デヴリンvsサウス・パシフィック・パワー・トリップ(PROGRESS 2019/3/10) 新戦力・ニワを加えて再始動したSPPTですが、とにかくトリオとしての精度に問題あり。CCKやBSSを見慣れているせいかもしれませんが、…

里村明衣子vsマーク・デイビス(FCP 2019/3/15)

里村明衣子vsマーク・デイビス(FCP 2019/3/15) 里村の芯の強さとデイビスのパワフルさ。これが絶妙にマッチしていますね。FCPでは往々にして魅力を最大限発揮できなかった里村ですが、この試合は違います。ロングマッチにありがちな停滞感を入場口での流血…

シャーデンフロイデvsフェニックス&ペンタゴンJr&レイ・ホラス(WXW 2019/3/10)

シャーデンフロイデvsフェニックス&ペンタゴンJr&レイ・ホラス(WXW 2019/3/10) FCPで生まれた極悪集団シャーデンフロイデがついにWXWに登場。ルチャトリオと対戦です。ノータッチルールなのでマスクマン3人の良さを抽出していく形。SFもやられ芸には定評…

フェニックスvsウォルター(WXW 2019/3/9)

フェニックスvsウォルター(WXW 2019/3/9) フェニックスの鮮やかなハイ・フライにさしもののウォルターも戸惑うという導入部。そこからウォルターがマスクを破いて一気に没入感を高めていきます。LUのフェニックスvsムエルテスを思い起こさせますね。怪物vs…

ティモシー・サッチャーvs石川雄規(WXW 2019/3/9)

ティモシー・サッチャーvs石川雄規(WXW 2019/3/9) WXWが定期的に開催するグラップル系トーナメント、アンビション。その特別試合という位置づけでこの試合が組まれました。大会のコンセプト通りレスリング、サブミッションの応酬が存分に堪能できます。こ…

オースチン・セオリーvsジョーダン・デヴリン(PROGRESS 2019/3/9)

オースチン・セオリーvsジョーダン・デヴリン(PROGRESS 2019/3/9) EVOLVEなどで活躍している気鋭のセオリー。久しぶりに見ますが自分の個性を持ち始めましたね。リコシェ的な反重力技と古典的なヒール・アピールを組み合わせる形をとっている。最小限の力…

佐々木大輔vs竹下幸之介(DDT 2019/2/17)

佐々木大輔vs竹下幸之介(DDT 2019/2/17) ダーティーワークもなんでもござれの王者佐々木と熾烈なD王を制しDDT躍進を託された挑戦者竹下。構図はコテコテに出来上がっているのですが、印象的なシーンの組み合わせ方が上手くいっていませんね。最初の急襲も…

ヴァイト・ミュラーvsウォルター(WXW 2019/2/15)

ヴァイト・ミュラーvsウォルター(WXW 2019/2/15) 骨と骨が軋み合う武骨な試合、と評するのは簡単ですがこの手のコンセプト・マッチは難しいんですよね。レスラーは最低限の技量は皆持っていて、そうでなければ決してリングには上がれない。だから不器用、…

Ben-K&ビッグR清水vsKAI&U-T(ドラゴンゲート 2019/3/3)

Ben-K&ビッグR清水vsKAI&U-T(ドラゴンゲート 2019/3/3) 王者組のビッグベンは著しい成長を見せていますね。以前からタッグベルトに絡む常連ではありましたが、ヒールになりいい意味で試合を傲慢に進めることが出来るようになっている。特に清水が良質な…

スコット・スタイナーvsニック・ゲイジ(ICW NY 2019/2/15)

スコット・スタイナーvsニック・ゲイジ(ICW NY 2019/2/15) プロレス界には時々驚きのマッチアップが見られますが、このスタイナーvsゲイジに関しては化学反応は起きず。まずスタイナーが歳を取りすぎており、相手の技をほとんど受けられない状態。Tシャツ…

Aキッドvsジョーダン・デヴリン(OTT 2019/1/20)

Aキッドvsジョーダン・デヴリン(OTT 2019/1/20) スペインの顔vsアイルランドの顔。図らずもそんな図式になりましたね。Aキッドは序盤のレスリングから一工夫加える技巧ぶりを見せたかと思いきや、感情面でもデヴリンに比類する闘志剥き出しのファイトで勝…

ダービー・アリンvsリッチ・スワンvsシェイン・ストリックランド(AAW 2018/12/29)

ダービー・アリンvsリッチ・スワンvsシェイン・ストリックランド(AAW 2018/12/29) 特にテーマ性はない3ウェイですが、2018年大活躍の三人という事もあり動きがキレキレ。その中でもスワンの動きの伸びやかさは業界屈指といっても差し支えないレベルにまで…

ウォルターvsシャーフ(DEFY 2018/8/10)

ウォルターvsシャーフ(DEFY 2018/8/10) PROGRESS王座が懸かったこの一戦。シャーフは初めて見ますが、ジョナ・ロックのような容貌。重量挙げのバックボーンを持っているという事で怪物ウォルターにも怯まずパワー勝負を仕掛けます。とはいえキャリアなんと…

トマッソ・チャンパvsアレイスター・ブラック(WWE NXT Takeover:Phoenix 2019/1/26)

トマッソ・チャンパvsアレイスター・ブラック(WWE NXT Takeover:Phoenix 2019/1/26) メインイベントということである程度の試合時間が想定される中での立ち上がりは難しいですが、この二人は難なくこなして見せる。チャンパはクルーザーとヘビーの間、独自…